レッドスムージーを使ったお手軽レシピまとめ

そのまま水で飲んでも十分おいしいレッドスムージーですが、毎日飲むのは飽きてきた・・・

という方におすすめのレシピをご紹介します。

ちなみにわたしが使用しているのはぜいたくレッドスムージーですが、どの種類のものでも美味しく作れると思います♪

飲みものとして

☆牛乳・豆乳で割る

公式サイトでもおすすめされている飲み方で、水で割っていたのを牛乳か豆乳で割るだけです。


牛乳で割るとフルーチェのような懐かしい感じになります。
豆乳で割ると牛乳で割るよりもさらにどろっとして飲みやすくなります。
ちなみにカロリーは牛乳が150mlでおよそ100kcal、豆乳がおよそ70kcalです。
調節豆乳を使う場合は塩分や砂糖などが含まれているものもあるので、豆の味が濃くなって苦手な人にはきついかもしれませんが無調節豆乳を使うことをおすすめします。

☆炭酸水で割る

グリーンスムージーを炭酸水で割ったときはあまりおいしくなかったんですが、レッドスムージーはアサイー風味なのでおいしかったです♪
少量の水で良く溶いたレッドスムージーに炭酸水を混ぜるだけです。加糖のものより無糖の炭酸水で割るとよりさっぱりして甘みが抑えられます。炭酸でさらにお腹も膨れるので無駄な間食や食べ過ぎを抑えてくれます。
+レモン
+ちょい足しお酢
炭酸水で割ったものにレモンや小さじ1杯から3杯ほどのお酢を入れるのもさっぱりしておすすめです。入れすぎるとすっぱくなるのでお好みで調節してください。
お酢には疲労回復や冷え症改善、代謝をあげるなど様々な効果があります。お酢の効果を最大限まで引き出すには毎日大さじ1杯ほどを水などで薄めて継続して飲むのが良いそう。レッドスムージーと一緒に飲めば一石二鳥!

☆アイスティー割り

濃い目に抽出した紅茶を冷やし、レッドスムージーで溶かして完成です。紅茶は200ml~でやや多めに割った方がとろみが薄まって簡単フルーツティーになります。

ちよっとした間食おやつとして

☆ヨーグルトに混ぜる

ヨーグルトに混ぜてグラノーラやフレーク、ナッツ類にかければミニパフェ風に。
カロリーオフの間食おやつにぴったりです。

☆オリジナルアイスバー作り

レッドスムージーを好きなジュースで割ります。おすすめはぶどうジュースです。
そのまま飲むと甘すぎるのですが容器に入れて冷凍庫で冷やし固めればアイスバーの完成です♪

☆パンケーキに

酵素は熱に弱いためなるべくなら焼いたりせずに食べるのがおすすめですが、どうしても飽きてしまった方に提案です。ホットケーキミックスの材料にレッドスムージーを混ぜて焼くだけで簡単おやつにも。

以上レッドスムージーで出来る簡単レシピのご紹介でした。

ぜひいつもの味に物足りなくなったら試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。